住宅ローンを借り換えるメリットについて

住宅を購入することは生涯に一番の大きな買い物と言われます。

長い場合だと35年ローンを組み、まさに一生かけて支払うことになりますね。

早いうちから住宅購入を夢に考えてきた方は、 貯金をし頭金をため短期間のローンを組んだり中には一括での支払いをする方もいらっしゃることでしょう。

しかし多くの方は結婚や家族が増えたことをきっかけに購入を考えるのではないのでしょうか。

そうなると頭金で一部用意できても、住宅ローンを組むことは必須になります。

住宅ローンは住宅を購入した時期に販売店に紹介された住宅金融支援機構や民間の金融機関で契約すら方が多いです。

金利も10年固定や変動金利、ボーナス月は多めに支払うなど自分達の生活に合わせ無理のない返済額で契約します。

しかし数年支払い続けていくと住宅ローンの金利情勢にも変化が出てきます。

契約した時期より金利が低くなっていることです。

そのような場合は借り換えを検討した方がメリットがあります。

借り換えするには新たに手数料が必要となってしまいますが、今、 支払っている返済額には利息に多く支払われ、なかなか残額は減っていないものです。

同じ額を支払うにも少しでも多く住宅ローンの残金を減らしたほうがメリットがあります。

一度、住宅ローンを契約し支払いが始まると、金利情勢など気にしなくなってしまいますが、 こまめにチェックすることで借り換えのタイミングも計れます。

支払額を現状のままにしてもローンの残年数を短くできるというメリットもあります。

金融機関でも随時キャンペーンなども行ってますので、見積もりを出してもらい見比べてみてはいかがでしょうか。